高校留学のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、高校留学でオーストラリアを訪れている間に行っておきたい、おすすめの観光スポットについての情報をご紹介しています。
ブドウ栽培が盛んなハンターバレーや本土から東に600キロほど離れた小島ロードハウのほか、歴史ある王立植物園、それに大陸の最東端にあるバイロン灯台の情報も扱っています。
留学中に合わせて訪れておきたい、名所の数々について紹介しているサイトです。
機会があればぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

高校でのオーストラリア留学中に行っておきたいおすすめの観光スポット

高校でのオーストラリア留学中に行っておきたいおすすめの観光スポット 高校留学でオーストラリアを訪れた時には、現地の観光名所も訪れておきたいと考えている人も多くいるのではないでしょうか。
美しい海や大地の自然風景か歴史的な文化が感じられる建造物まで、この国には様々な観光に適した名所があります。
せっかくの機会にはぜひ、訪れて観光も楽しんでみてください。
高校留学でも人気が高いシドニーの近郊ならハンターバレーや、シドニー王立植物園が訪れやすいためおすすめです。
ちょっと遠出をするのであれば、シドニーやブリスベンから飛行機で2時間ほどのロードハウ島も良いでしょう。
世界遺産にも登録されている自然を満喫できます。
オーストラリア東端にあるバイロン灯台も絶景がみられるのでおすすめです。

高校留学でオーストラリアへ行くなら観光も楽しみましょう

高校留学でオーストラリアへ行くなら観光も楽しみましょう 高い英語力を身につける事ができると高校留学で高い人気を得ているのがオーストラリアです。
せっかく高校留学をするなら気分転換も兼ねて積極的に観光もする事をおすすめします。
オーストラリアで非常に高い人気のある観光地がエアーズロックです。
世界の中でも最大級の一枚岩で、壮大な景色を楽しめます。
古代からここは聖地として現地の住民から大切にされています。
晴れている日は特に絶景です。
せっかくだから英語を使ったミュージカルが見たいという人にはシドニーにあるオペラハウスがおすすめです。
ここは世界遺産としても登録されており、独特の外観が特徴です。
また、夜ライトアップされた姿が驚くほど美しい事でも知られています。
世界最大の珊瑚礁地帯として知られており、最高に美しい海を見る事ができるのがグレートバリアリーフです。
ダイビングはもちろん、空から見るツアーも人気を得ています。
もちろんオーストラリアはかなり広い国なのでまだまだ有名な観光地がたくさんあります。
せっかくなので後悔しないように日本にいる間にどこに行きたいか下調べをしっかりしておきましょう。
ただ英語を勉強するだけでなく、積極的に色々見て回る事で文化等あらゆる知識を得られます。

オーストラリアに高校留学する場合の入学準備とは?

オーストラリアは高校留学に人気の国で、日本からも大勢の人が訪れます。
短期留学の場合には、ビザやパスポート等があれば基本的には大丈夫です。
交換留学や正規留学などオーストラリアの高校に在籍する場合には、色々と準備が必要になります。
具体的な書類としては、入学願書・成績証明書・推薦状・在籍証明書・休学(退学)証明書・単位取得証明書等があります。
書類に不備があった場合には、入学することができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
高校留学を行う際には、ある程度の語学力を身に付けておくことも必要になります。
せっかく現地の高校に通っても、言葉がほとんど分からないのでは意味がありません。
先生を始めとして周囲の人の言っていることが理解できる程度には、語学力を身に付けておく必要があります。
また、滞在する地域について情報収集をしておくことも重要です。どんなことをやりたいのか等具体的にプランを立てておくようにしましょう。

高校留学でオーストラリアへ行ったあとの卒業進路

今ではどなたでも、高校留学を経験できる時代となりました。
語学能力に乏しい方でも、現地の学校で英語を学ぶこともでき、非常にハードルが低いでしょう。
特に人気があるのがオーストラリア留学であり、年間約5000名もの方が渡航をなさえているほどです。
ここではオーストラリアへ高校留学をおこなった方の、卒業後の進路をピックアップしていきましょう。
約50名の卒業後の進路をリサーチした結果、外資系企業へ就職したり、空港業務を担当なさっている方が多いことがわかりました。
このどちらでも必須となるのが語学力で、英会話は必須条件です。
豪州に行かれた場合、基礎英会話をマスターしている方が多い傾向なので、即戦力となる人材と見なされるでしょう。
しかも、この国では高い能力を有していないと高校留学ができないという側面もあるので、その点を考慮された結果就職がしやすいことがわかります。
将来外資系企業で働きたい方なら、率先して高校留学をしましょう。

高校留学について詳しく知りたい

オーストラリアで高校留学しよう